ウチのめんつゆ

こちらのランキングに参加中です。
応援クリックをおねがいします☆


「いつもどうやって出汁をとっているのか」と聞かれることがあります。
煮物など作るのに、いちいち出汁を取るのが面倒だとか、時間がかかるとか。

自家製のめんつゆを常備しておくと、とっても便利です。
作っている人はきっと多いよね^^
私はこうやって作ります。

用意するもの
・煮干し  10g
・出汁用昆布  2g
・かつお節(厚削り) 35g
・水  1.2リットル
・酒  100cc
・塩  大さじ1杯(ゲランドの塩などの海塩か岩塩)
・しょうゆ 150~170cc

f0191248_1850222.jpg

煮干し、昆布、かつお節を鍋に入れます。この時、煮干しの頭や腹を取りません。
そのまま使います。昆布も表面をふき取ったりしません。
そして、水を注いで約5時間つけておきます。

朝、水につけたら昼から煮だそうかな、くらいの適当な時間で大丈夫です。
酒を加えて鍋を中火にかけ、ふつふつしてきたら弱火にしてそのまま30分煮出します。
グツグツ沸騰しないように注意します。
この間、じーーーっと待ってるだけです。
あくを取ろう、なんて思わなくていいです、ほったらかしです。
キッチンタイマーをセットして、他のこともしていられます。

f0191248_1854236.jpg

そのまま材料のすべてを食べてしまってもいいのですが、私はここで煮干しと
かつお節だけ取り出します。
煮干しは味がすっかり出て、ボロボロ状態です。
食べちゃってもおいしいです。
かつお節はふりかけなどにもできるでしょう。
昆布はまだまだしぶとく味が出るので、いつも入れっぱなしです。
こんな黄金色の出汁になります。

ここに塩としょうゆを加え、塩が溶けたら火を止めます。

f0191248_185768.jpg

熱いうちにこのような容器に入れてふたをします。
冷めたら冷蔵庫に入れます。
だいたい一週間~10日くらいで使ってしまいます。

塩は海塩か岩塩で、決して「食卓塩」は使わないのです。
しょうゆも、砂糖などが入った物でなく、しょうゆだけのもの。
高級品じゃなくてもいいので。

できあがっためんつゆは、使い道いろいろなのです。
うどん汁にはもちろん、煮物は材料とこのつゆを鍋に入れて煮るだけでできますし、
親子丼や牛丼などの丼ものにも使えます。
カレーうどんもこの出汁で作っちゃいます。
ジャバっと入れるだけでおかずいろいろできちゃう。
常備しておくと嬉しいめんつゆです。
[PR]

by kana_pan | 2013-05-12 19:03 | ごはん | Comments(2)

Commented at 2013-05-13 10:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by かなぱん at 2013-05-13 15:42 x
鍵コメさん、こんにちは♪
あははっ、そうですか?
「いやいや、ネットをうろうろしてたらね・・・」なんて理由は
通用しないわけですね。
ところでこの「ゲランドの塩」って、舐めるとおいしいんですよ。
これもぜひ、試していただきたいですね~。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。