ドゥニさん講習会2017~1日目

こちらのランキングに参加中です。
ぽちっとクリックでランキングがあがります。
応援クリックをしていただけると嬉しいです☆
ありがとうございます!


ただいま!

今年もお菓子の講習会に行ってきました。
イルプルーさん主催のドゥニ・リュッフェル氏フランス菓子講習会。

この講習会は実演のみ、朝から夕方までひたすらお菓子を作る工程を見つめ、
話を聞きながら必死でメモを取ります。

まずは1日目。

f0191248_1453384.jpg


ロカマドゥール。
クルミのビスキュイ、香辛料とキャラメルのババロワ、洋梨のガルニチュール。

洋梨とキャラメルは美味しい組み合わせの定番ですが、パンデピス用のスパイスを
使っていてそれがとても合っていました。



f0191248_14545816.jpg


ケイク・ショコラ・キャラメル・グリゼットゥ。
ビスキュイショコラ、キャラメルのガナッシュ、アーモンドとチョコレートの
コーティング。

こちらは常温で食べるチョコレートのケイク。
しっかりとした味のチョコレートを3種類使ったケイク生地がとにかく美味しいのです。



f0191248_14552022.jpg


ル・ヴレ。
レンズ豆のサブレ、レンズ豆のビスキュイ、チョコレートのクレーム、
レンズ豆のフロランタン。

お菓子にレンズマメ?!そしてカルダモン?!と思いましたがこれが美味しくて。
ドゥニさんは、日本の小豆のお菓子を食べて、自分のお菓子にレンズ豆を
使ってみようと思われたそうです。
しっかりとした豆の味が生きています。


f0191248_14555822.jpg


アンダルー。
人参のビスキュイ、オレンジのババロワ、オレンジとフェンネルのガルニチュール、
オレンジのジュレ。

ビスキュイ生地には細かく切った人参とオレンジの皮が!
ババロワの中にはオレンジと、フェンネルという野菜。
・・・フェンネルって見たこともない。
いつものように材料サンプルが席に回ってきたので味見してみました。
なんと、セロリみたいな味がするんです!
これがお菓子になるの?と最後までドキドキしたお菓子でしたが、
コンフィにしてババロワに入るととても爽やかにまとまって、美味しいお菓子でした。




f0191248_14561955.jpg


タルトレットゥ・フレシュール・パッション・フランボワーズ。
フィナンスィエのタルト、パッションのクレーム、フランボワーズ、パッションのジュレ。

タルトの中に入れて焼くのはフィナンシェ生地、これだけでもリッチで
美味しそうですよね。
冷やして食べても硬くならないように、フィナンシェ生地にも工夫がありました。
その上さらに、パッションフルーツのクリーム、フレッシュなフランボワーズ。
しっかり酸味の効いた、夏らしいお菓子です。


朝からずっと作業を見て、専門の通訳の方の説明を聞き、頭がパンパン。
じゅうぶんな量の試食をいただき、お腹もパンパン。
見直して整理するだけでも大変そうですが、2日目に続きます。

まだまだ美味しいお菓子が続きますよ!
[PR]

by kana_pan | 2017-08-06 15:15 | イルプルー | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。