人気ブログランキング |

ババロアズ・フランボワーズ

こちらのランキングに参加中です。ぽちっとクリックでランキングがあがります。応援クリックをしていただけると嬉しいです☆
ありがとうございます!



イルプルーオンライン教室ババロアコースから、ババロアズ・フランボワーズ。



ババロアズ・フランボワーズ_f0191248_08133493.jpg

フランボワーズのババロアです。

ビスキュイオザマンドを焼いてスライスしてポンシュを打ち、底と中に使います。
ババロアを作って型に流して固め、表面にジュレを流します。

ビスキュイに打つポンシュもフランボワーズピューレがたっぷり入って、
ババロアにはピューレだけでなくフランボワーズのリキュールもたっぷり。
濃い濃いフランボワーズのババロアです。

今回は綺麗にできて嬉しい!
最後にセルクルを抜いた瞬間、やったー!って感じでした。


カット面も。


ババロアズ・フランボワーズ_f0191248_08224047.jpg


やわらかめのババロアだったからか、隅々まで流し込むことができました。
表面のジュレもうまく塗れてよかった!

次女が「めっちゃフランボワーズ」って言って食べてました。
好評で嬉しいな。

次は最難関か?と思われるお菓子が待っています。
テキスト見ただけで気絶しそうでしたが・・・完成できますように!





by kana_pan | 2020-01-10 08:26 | イルプルー | Comments(0)

スュリー

こちらのランキングに参加中です。ぽちっとクリックでランキングがあがります。応援クリックをしていただけると嬉しいです☆
ありがとうございます!




イルプルーオンライン教室ムースコースから、スュリー。



スュリー_f0191248_09351316.jpg

ソーテルヌワインのムースです。
ガルニチュールとしてパイナップルと白桃、フランボワーズが入っています。

本当はフランボワーズではなく、フレーズデボワというフルーツ(冷凍)が入るんですが、
簡単に手に入らないものらしいので、代わりに冷凍フランボワーズを使いました。

土台になる生地、天井になる生地はそれぞれ違うものです。
まずはそれを焼き、冷まして型にセットしてからムース部分を作ります。
このムース部分に美味しいソーテルヌワインが入るのです。
甘くてデザートになっちゃうようなワイン。
私はワインに詳しくないので、イルプルーで輸入しているものを買いました。

ムース部分は「ソース・サバイヨン」というものを作ってから凝固剤や
生クリームと合わせていきますが、これも難しかったー!

今回もツッコミどころ満載ですが、それでもひと口食べたら「おおおお美味しい!」と
叫んでしまいました。
「スュリー」はフランスにある美しい村の名前、その村をイメージして
ドゥニさんが作られたお菓子だそうです。
どんな村なんだろう・・・と夢見るような美味しさでした。

ムースコースはこれで終わり、次はババロアコースです。
レポート書かなきゃ!!

お菓子に使った残りのワインを飲むのも楽しみだったりして(*´σー`)エヘヘ









by kana_pan | 2019-11-13 09:49 | イルプルー | Comments(0)

ミュルティ・フリュイ

こちらのランキングに参加中です。ぽちっとクリックでランキングがあがります。応援クリックをしていただけると嬉しいです☆
ありがとうございます!



イルプルーオンライン教室ムースコースから、ミュルティ・フリュイ。



ミュルティ・フリュイ_f0191248_10030843.jpg

様々なフルーツのムースがビスキュイキュイエールの中に詰まっています。
ボトムはメレンゲを焼いた台。
表面はフルーツを散りばめたジュレ。

さかさまに作って組み立てていくこのお菓子。
まずは表面になるジュレ部分から作ります。
トロトロのジュレを薄く敷いて小さく切ったパイナップルとオレンジ、冷凍グロゼイユを
散らしてまたジュレをかける。
このパイナップルとオレンジも、何日も前からシロップ漬けにしておいたものです。
手間がかかる~~。

ジュレを凍らせたら次は側面のビスキュイを焼き、壁のように型にはめて再び冷凍。
やっとムース部分に取りかかりますよ。
パイナップル、オレンジ、バナナなどをフードプロセッサーにかけて裏ごし、
その濃いジュースと凝固剤、生クリーム、イタリアンメレンゲを混ぜていきます。
大急ぎで作業して、冷凍してあった型にムースを詰めたら次は底面。

砂糖いっぱいのメレンゲを作って円盤に絞り、低温のオーブンで焼きます。
メレンゲが冷めたら冷凍してあったムースにすっぽりとはめ、ひっくり返して
皿に出します。


ミュルティ・フリュイ_f0191248_10031923.jpg

解凍したら出来上がり。
これは解凍中の写真、待ちきれず写真に撮ってしまいました。

ジュレが解凍されるとまるで宝石箱のようにキラキラとした綺麗なお菓子になるはず、
なのですが。
私が作ったものはビスキュイもボロボロ、中のムースもきっちり詰まっていなくて
ちょっと残念な感じに。
初めてで完成まで持っていけただけでもいいですね(強引に納得)

苦労のかいあって、食べてみるとひとくちで幸せな、南国気分も味わえるお菓子でした。
ムース部分は本気で真面目に作ったミックスジュースのような味で、薄っぺらな甘さでなく
フルーツの良さを生かしたもの。
このお菓子を生み出されたドゥニさん、本当に凄い人です。

それにしても、ムースコースになってからお菓子が一気に難しくなった気がする・・・。
ムースコースはあとひとつ、完成できるのか??





by kana_pan | 2019-10-27 13:51 | イルプルー | Comments(0)

イルプルー講習会

こちらのランキングに参加中です。ぽちっとクリックでランキングがあがります。応援クリックをしていただけると嬉しいです☆
ありがとうございます!



先日、イルプルーのone day講習会に行ってきました。
メニューはシャルロットゥ・ポンムとケーク・エグゾティック。

一日でふたつのお菓子を作るのって大変、しかもシャルロットゥ・ポンムまで。
ついていけるのかな。
ドキドキしつつ参加してきました。



イルプルー講習会_f0191248_09412053.jpg

ケーク・エグゾティックはドライフルーツがたくさん入ったパウンドケーキ。
マンゴーやパイナップルが入り、南国の雰囲気が味わえるお菓子です。
断面見るとわかりますが、具材ぎっちり。
粉がつなぎになってるような感じです。

パウンドケーキはまだいい、問題はシャルロットゥ・ポンムです。



イルプルー講習会_f0191248_09412988.jpg

ビスキュイ・キュイエールの中にキャラメル味のババロアを詰めた生菓子です。
ババロアにはリンゴのカラメル煮、クルミ、ラムレーズンが入っています。

ビスキュイ・キュイエールはオンライン教室でも作ってみたものの、うまく出来なかった生地。
この講習会では、家で作った時よりはマシでしたがやっぱりうまく出来ず。
メレンゲの泡立てが弱い、混ぜすぎている、絞り袋に入れて絞るまでに生地が温まった、との
指摘を受けました。
どれも当たってます。
なんとか生地だけでも練習して、ポコポコとしたビスキュイが焼けるようになりたいです。

ババロアはキャラメルのムラングイタリエンヌを作って生クリームと混ぜるのですが、
これがまたコワかった!
講習会では2人ひと組での作業だったので助かりました。

苦労して作ったお菓子はどちらも凄い美味しさで、イルプルーのレシピは
素晴らしいと思いました。

講習会では4人でひとつの作業台で作るのですが、やっぱり私だけ初心者。
あとは卒業生の方ばかりです。
ひとり1台お菓子を作るので、先生やスタッフの方が入れ替わり立ち替わり、
ほぼ私に付きっきりで見てくださいました。
ありがたや。

そして私が一番作業が遅いので、モタモタしている間に他の生徒さんたちが
洗い物もしてくださいました。
助けていただいたこともたくさん。
皆さんありがとうございます。

教室の先生やスタッフの方々、丁寧にご指導くださり質問にも答えていただき
本当に感謝しています。
ありがとうございました!

また行きたーい!







by kana_pan | 2019-10-23 10:00 | イルプルー | Comments(0)

オレンジのショートケーキ

こちらのランキングに参加中です。ぽちっとクリックでランキングがあがります。応援クリックをしていただけると嬉しいです☆
ありがとうございます!




あれ?もう8月!

何というか、夏休みってあっという間に7月が終わってしまって、8月に入ると時間が
過ぎる速さが加速する気がするんですよ。

・・・・・。

あ、夏休みなんて無いんでした。



オレンジのショートケーキ_f0191248_20535453.jpg

イルプルーオンライン教室生クリームコースから、オレンジのショートケーキ。
諸事情により全容はお見せできません(;^ω^)

このケーキを初めてイルプルーのお店で食べた時の衝撃と感動は忘れられません。
オレンジよりオレンジ。
爽やかなオレンジが押し寄せてきて幸せいっぱいのケーキ。
これがオンライン教室のメニューに入ってるなんて。

このケーキに使うオレンジは、何日か前にシロップ漬けにしておくのです。
オレンジの酸味と甘さがバランスよく整って美味しくなります。
このオレンジだけでもどんどん食べちゃいそう。

ビスキュイの出来も前回よりはマシになりました。
カットして、ポンシュを打って、オレンジをサンド。
この猛暑の中、部屋をなるべく涼しくして組み立てました。

何日も前から準備したケーキですが、仕上げのジュレがうまく出来なかった!
ケーキの上のオレンジに塗るやわらかいゼリーのことです。
レシピ通りに作っても、冷やした時に固まらない・・・。
再度チャレンジしましたが、1回目より多少トロミがついたくらいでやっぱりやわらかすぎ。
仕方ないのでそのままケーキの表面に塗りましたが、タラタラと下に流れ落ちて
しまいました。
原因がわからないので教室にメールで質問中。
これはまた挑戦しなくては!

お店と同じ味とはいかなかったけど、やっぱりこのお菓子は爽やかで美味しくて
夏にぴったり。
自分で上手に作れたらいいな。






by kana_pan | 2019-08-01 21:07 | イルプルー | Comments(0)

ハーブはおいしい♪ハーブのお茶とお菓子教室

こちらのランキングに参加中です。
応援クリックをいただけると嬉しいです☆
ありがとうございます^^


今日は「ハーブのおいしいお茶とお菓子」教室でした。
長いお友達のkokoanさんが、ハーブティーの講座をしてくれます。

私はお菓子を担当。

ハーブはおいしい♪ハーブのお茶とお菓子教室_f0191248_14583084.jpg

おひとり様だったので、私も一緒に作りました。
メニューはチョコミントのマフィンとオレガノのケークサレ。
おいしそうに焼けてます!

ハーブはおいしい♪ハーブのお茶とお菓子教室_f0191248_14593618.jpg

ペパーミントの葉っぱをそのまま入れたマフィン。
チョコチップの甘さもありますが、ミントの香りのおかげでスッキリ。

ハーブはおいしい♪ハーブのお茶とお菓子教室_f0191248_1524110.jpg

オレガノの香り豊かなケークサレ。
フィリングはベーコンとジャガイモ、玉ねぎです。
オレガノと相性のいいトマトペーストも入れています。

ふたつ焼きあがったところでお茶を淹れていただきます。

ハーブはおいしい♪ハーブのお茶とお菓子教室_f0191248_153711.jpg

今日はルイボスとネトリのブレンドティー。
とっても飲みやすくさっぱりとした味。

焼きたてのケークサレはおいしい!
マフィンもちょうど冷めて、食べごろです。
おうちで焼くと、表面がサクッとして中がふんわりした状態を楽しめますよ!
あたたかいハーブティーを一緒に。
このブレンドティーは、食事にも合う味でした。

食べた後はkokoanさんのお話。
わかりやすい説明を聞いていると、ハーブって気軽に生活に取り入れられそう♪
もっとラフに楽しめばいいんですね。

ハーブのおいしいお茶とお菓子の教室。
同じ内容であと何度かする予定です。
またお知らせをさせていただきますね。
今日はありがとうございました。

by kana_pan | 2014-03-11 15:11 | パン教室 | Comments(2)