人気ブログランキング |

タグ:オンライン教室 ( 7 ) タグの人気記事

ブレズィリアン

こちらのランキングに参加中です。ぽちっとクリックでランキングがあがります。応援クリックをしていただけると嬉しいです☆
ありがとうございます!




イルプルーオンライン教室ババロアコースから、ブレズィリアン。




f0191248_07565090.jpg

コーヒーのババロアです。

底と中に使うビスキュイも濃いコーヒー味。
まずは生地を焼いてシロップを打ちます。
1日目はここまで。
2日目はババロアを作って流し入れ、冷やし固めて表面にジュレを塗ります。

コーヒー豆を煮だした牛乳を使ってアングレーズソースを作り、さらに
コーヒーエッセンスかインスタントコーヒーを混ぜてババロアにします。
コーヒーエッセンス高いから、私はネスカフェゴールドブレンドでね。

表面のジュレにはコーヒーだけでなく、リンゴジュースも使います。
コーヒーの味と甘酸っぱいリンゴジュースの味、合うのかな?と思いきや
これが美味しいの。
ただ、100%のものを使ってもやはりリンゴジュースの味がイマイチで、
コーヒーに負けてましたが。



f0191248_07570455.jpg



ババロアって初めて作りましたがさすがイルプルー、本当に美味しいです。
レシピにある通り、このお菓子は生地はカサっとするまで焼ききっておくのがいいです。
生地とのバランスも良くて、ケーキって上から下までズパっとフォークで
すくって頬張るのがいい、全体の味を一度に味わうのがいいなと思います。

このババロアコースが最終のコースなので、最後までがんばります。
とにかく一度作ってみる、そこからですから。







by kana_pan | 2019-12-01 16:00 | イルプルー | Comments(0)

スュリー

こちらのランキングに参加中です。ぽちっとクリックでランキングがあがります。応援クリックをしていただけると嬉しいです☆
ありがとうございます!




イルプルーオンライン教室ムースコースから、スュリー。



f0191248_09351316.jpg

ソーテルヌワインのムースです。
ガルニチュールとしてパイナップルと白桃、フランボワーズが入っています。

本当はフランボワーズではなく、フレーズデボワというフルーツ(冷凍)が入るんですが、
簡単に手に入らないものらしいので、代わりに冷凍フランボワーズを使いました。

土台になる生地、天井になる生地はそれぞれ違うものです。
まずはそれを焼き、冷まして型にセットしてからムース部分を作ります。
このムース部分に美味しいソーテルヌワインが入るのです。
甘くてデザートになっちゃうようなワイン。
私はワインに詳しくないので、イルプルーで輸入しているものを買いました。

ムース部分は「ソース・サバイヨン」というものを作ってから凝固剤や
生クリームと合わせていきますが、これも難しかったー!

今回もツッコミどころ満載ですが、それでもひと口食べたら「おおおお美味しい!」と
叫んでしまいました。
「スュリー」はフランスにある美しい村の名前、その村をイメージして
ドゥニさんが作られたお菓子だそうです。
どんな村なんだろう・・・と夢見るような美味しさでした。

ムースコースはこれで終わり、次はババロアコースです。
レポート書かなきゃ!!

お菓子に使った残りのワインを飲むのも楽しみだったりして(*´σー`)エヘヘ









by kana_pan | 2019-11-13 09:49 | イルプルー | Comments(0)

ニコロ

こちらのランキングに参加中です。ぽちっとクリックでランキングがあがります。応援クリックをしていただけると嬉しいです☆
ありがとうございます!



突然ですがライムって買ったことありますか?
「ライム味のナントカ」じゃなくて、果実のライムですよ。
私、生まれてこのかたライムなんて買ったことがなくて。
スーパーで見たら3個480円で売ってるんですよ。
え?高い?
緑色のレモン、といった見た目です。

このたび人生初のライムを買いまして、作ったのはこちらのお菓子。




f0191248_14510883.jpg

ニコロ。
イルプルーオンライン教室ムースコースから、ライムとフランボワーズのムースです。

上下の白い部分がライムのムース、真ん中がフランボワーズのムースです。

これもまた工程が多いので二日間にわたって作ろうかと思いましたが、
いやいや中断したら絶対くじけるよと思い直し、一気に作りました。

まずはムースの境目に使っている生地を焼くのですが、これもまた初めての生地、
ビスキュイ・ジョコンド。
・・・それ何?から始まるお菓子作り。
何とか焼き上げ、次は真ん中に挟むフランボワーズのムースを作ります。
焼いたビスキュイでムースをサンドしたら冷凍、次はライムのムースを作り、
土台に絞り、フランボワーズのムースを乗せて、またライムのムースを絞って。
仕上げにこれまたライムのジュレをかけたらやっと出来上がり!

このお菓子、ライムの絞り汁をたくさん使います。
170mlくらい。
レモン果汁みたいにビン入りのものが売ってるかと思い、探しましたが見つからず。
そんなわけで冒頭のように、初のライムを買うことになったわけです。
でも、一個のライムから果汁がどんだけ取れるのかもわからない。
多めに買って、ひたすら絞りました。
お菓子にはライムの皮も削って使うので、結局は果実を買って良かったんですけどね。

それにしても、お菓子作りって材料集めから大変!
今回もバタバタと作りましたが、出来上がりはおいしくて感激。
またがんばります。









by kana_pan | 2019-10-18 11:00 | イルプルー | Comments(0)

ココナッツのムース

こちらのランキングに参加中です。ぽちっとクリックでランキングがあがります。応援クリックをしていただけると嬉しいです☆
ありがとうございます!



イルプルーオンライン教室ムースコースから。
ムース・ノワ・ドゥ・ココ、ココナッツのムースです。



f0191248_08481241.jpg

今回は時間がとれず、やむを得ずビスキュイを焼いた翌日に中身のムースを作りました。
しかしまあ、側面のビスキュイ絞りがひどいなあ。
ジグザクに絞っていくんですが、同じ太さでまっすぐ絞ることができず、ヨレヨレに。
焼きあがりを見て脱力でした。

次の日はムース部分を作ります。
ついにムラングイタリエンヌが登場、初めての作業です。
卵白を泡立てたところに熱したシロップを注ぎながらハンドミキサーで混ぜるのですが、
これが怖い、お初だからね。
シロップは119度に煮え立っています。
右手でハンドミキサーを動かしながら左手でシロップを注ぐ。
こっこわーーー!

ビクビクしながらもできたムラングイタリエンヌを計量します。
ムースに使う分を取り分け、残りは仕上げに表面に塗るのね、うん・・・?
・・?
ムース用に取り分けたら残りがほんのちょっぴりしかない!!
仕方がないので表面に塗るのはあきらめ、ムースむき出しの仕上がりになりました。
本当はムースの上にうっすらとムラングが乗ってるんですよ。
何をどう間違えたのか、ムラングが足りないって。
次回はきちんと仕上げたいな。

それでもね、美味しかった!
さっくりしたビスキュイとココナッツのムースが合って、なんとも幸せなおいしさ。
一気に南国気分です。
ムラングイタリエンヌが入るムースってこんなに美味しいのね。

次はまた工程の多いメニューですが、なんとかがんばって作ります。









by kana_pan | 2019-09-29 09:02 | イルプルー | Comments(0)

シャルロットフレーズ

こちらのランキングに参加中です。ぽちっとクリックでランキングがあがります。応援クリックをしていただけると嬉しいです☆
ありがとうございます!



イルプルーオンライン教室はいよいよムースコースが始まりました。
5種類のメニューのレシピを見て、まずはムラングイタリエンヌを
作らなくてもいい、シャルロットフレーズから挑戦。



f0191248_13391592.jpg
シャルロットフレーズ。

教室の写真を見るとピンクのリボンが巻いてあるのですが、家にリボンがなくて巻けず。

中にはイチゴのムースが詰まっています。
イチゴがないこの時期は冷凍イチゴピューレで作れます。

最初に周りの生地、ビスキュイ・ア・ラ・キュイエールから焼きます。
この生地がまた混ぜも絞りも難しくて。
卵黄と卵白、別立ての生地なので卵白の泡立てが必死。
泡立てた卵黄と卵白を合わせ、そこに粉を混ぜていくのですが混ぜ加減が難しい!
やっと生地ができて、量が多いのでふたつの絞り袋に分けて入れ、絞ります。

シャポーという帽子の部分、ポコポコと可愛く絞りたいところですが大きさが揃わない!
側面の生地を絞るも、必死で卵白を泡立てた後なので腕が震えてまっすぐ絞れない!
生地を焼きあげた段階ですでに息切れ笑

ムース部分をバタバタしながらなんとか作り、中に詰めます。
帽子を乗っけたら冷凍庫で冷やし固めて。
思っていたより早く出来上がりました!


カット。


f0191248_13475597.jpg

なんとか形になってるー!

課題は多いですが、味は美味しくて感激。
まだひとつめのメニューなのに大作が出来たような達成感。
ここから先が大変なのですが。。。

練習あるのみですね。






by kana_pan | 2019-09-19 14:00 | イルプルー | Comments(0)

エヴァスィオン

こちらのランキングに参加中です。ぽちっとクリックでランキングがあがります。応援クリックをしていただけると嬉しいです☆
ありがとうございます!




今日は雨降りでとっても涼しい日でした。
雨はともかく、涼しい日で良かった。
というのもこれ作ってたから。



f0191248_14595777.jpg

イルプルーオンライン教室シューコースから、エヴァズィオン。
マスカルポーネとフランボワーズのクリームを詰めたシュー菓子です。

これはイルプルー夏の恒例だったドゥニさん講習会で実演を見て試食したお菓子。
ドゥニさんが作られたお菓子を自分で作れるの?!と始めはひるみましたが、
サントノレを作った後だったので、何とかなりそう・・・と挑戦。

生のフランボワーズ(ラズベリーね)が売っていないので、スーパーの果物担当の方に
お願いして注文してもらいました。
お・・・お高いのね・・・てな値段でびっくりしましたが、仕方ない。

シュー生地を絞った上にパータトリコテという生地を乗せて焼き、冷ましたら
カットしてフランボワーズジャムとクリームを絞ります。
マスカルポーネにフランボワーズのピューレと生クリームを合わせたクリーム、
ここに生のフランボワーズをちょんちょんと乗っけて。
ああ可愛いなあと、心浮き立ちますね。
最後にフランボワーズのてっぺんにジャムをちょんと絞り、出来あがり!

ドゥニさんのお菓子、出来た!
感激しつつ、フタの部分をかぶせて大口開けて食べました。
ドゥニさんには及ばないけど、美味しい!

次は生クリームコース、おっとその前にレポート書かなきゃ!







by kana_pan | 2019-07-11 20:00 | イルプルー | Comments(0)

エクレール・キャフェ

こちらのランキングに参加中です。ぽちっとクリックでランキングがあがります。応援クリックをしていただけると嬉しいです☆
ありがとうございます!




イルプルーオンライン教室シューコースから、エクレール・キャフェ。
コーヒーのエクレアです。

エクレアなんて初めて作ったよ!




f0191248_21434898.jpg

シュー生地を絞るところから雲行きが怪しい(笑
まず、まっすぐ絞れない!
はじめから終わりまで同じ太さで絞れない!
焼きあがった生地を見てどうしようかと思ったけど、もう後戻りできない。

とにかく形にしようと、中のクリームを作りました。
クレームパティシエールを炊いて、本当はクレームオブールを少し
混ぜるんだけど、クレームオブールはたくさん出来ちゃうから確実に余る。
他の使い道をまだ知らなくて、ルセットとは違っちゃうけどクレームオブールは
無しにしました(先生ごめんなさい!)

クレームパティシエールにコーヒー液を混ぜて、シューの中に詰める。
ここがまた難関、中が見えないからどれだけ絞り入れてるかわからないし
均一に入ってるのかもわからない。
手に感じる重みだけで判断し、なんとか詰めました。

最後は表面にかけるフォンダン。
今まで上掛けチョコのかかったエクレアしか食べたことがないので、
フォンダンって何?という状態。
とにかく動画のとおりにフォンダンをやわらかくしてコーヒーを混ぜ、
お菓子の表面につけます(ドキドキ)

大きさも形もバラバラで不細工、だけど味は美味しい!
初めてですよ私、このお菓子作るの。
初めての人が「味は美味しい」のところまで出来るって、やっぱり
イルプルーは凄いですね。

シュー生地の焼き加減もちょっとわかってきたし、次もがんばります。













by kana_pan | 2019-05-30 21:55 | イルプルー | Comments(0)